CT検査の限りない創造を目指して

規約・会計

岩手県CT研究会規約

  • 岩手県CT研究会 規約 

    【名 称】

    第1条            本会は岩手県CT研究会と称する。

     

    【目 的】

    第2条            本会は「岩手県におけるCTの技術及び知識の向上]をテーマに研究会を開催し、CTに関する情報交換、知見の普及、新しい技術・知識の習得を実践する事によって、日常診療の向上を図り、所属施設及び地域医療に貢献する事を目的とする。

    【会 員】

    第3条            本会は社団法人岩手県放射線技師会会員(正会員。特別会員・賛助会員)をもって会員とする。(ただし、研究会への参加は、その限りではない)

    【組 織】

    第4条            本会に代表世話人(1名)、世話人(数名)、会計(1名)を置く。

    第5条            世話人は代表世話人が任命し、世話人会で承認する。但し、世話人代表が不在の場合は、前代表世話人が任命する。

    第6条            代表世話人は、世話人より互選し、世話人会で決定する。但し、代表世話人が在任している場合は、世話人会で承認し、世話人、代表世話人共に不在の場合は、前代表世話人より任命された世話人より互選する。

    第7条            代表世話人及び世話人の任期は原則として特に定めない。

    第8条            世話人会における世話人の交通費は地区毎に次の通り定め、研究会で負担する

    @        開催地区                   1000円 

    A        開催地区に隣接する地区  2000(但し三陸地区は隣接地区の開催であっても3000円)

    B        その他の地区               3000

    【活 動】

    第9条            本会は、年2回本会の目的に沿った研究会を開催する。開催要項は世話人会で決定し、会員全体に周知する。

    第10条        研究会の開催(年2回)は、原則として盛岡地区で1回、その他の地域で1回開催するものとする。

    第11条        研究会へは、会員以外の参加も認めるものとする。

    第12条        活動内容は、社団法人岩手県放射線技師会学術担当理事に報告するものとする。

    【運 営】

    第13条        会の運営に必要な事項は、世話人会で協議決定するものとする。

    第14条        世話人会は、必要に応じ代表世話人が召集する。

    【会 費】

    第15条        本会は、研修会の参加費をもって会費とする。

    第16条        研修会の参加費は、1000円とする。

    附則:この規約は世話人会の決定により改廃することが出来る。 
       :この規約は平成
    18
    107日より施行する。
       附則(平成26年11月8日)
       :この規約は平成26年11月8日より施行する。

    (PDF)

岩手県CT研究会会計報告(平成30年4月1日:〜平成31年3月31日)

収入の部
科目 金額(円) 内訳
繰越金   389,264
会費               194,600
 2
利息
雑収入 30,000 岩手県診療放射線技師会より助成
合計 610,866
支出の部
科目 金額 内訳
事務費 12,417 レンタルサーバー代・コピー用紙・通信費・プリンターインク・垂れ幕等
研究会費             参加者飲料  11,117 各研究会合計
講師旅費  94,190 平野 雄士 先生(小樽掖済会病院)
角田 和也 先生(福島県立医科大学付属病院)
講師謝礼  60,000
資料作成助成 24,000 8名分
慶弔費  0
その他  8,8000 講師へのお土産
合計  210,542
残金
残金 400,342



ページトップへ

Copyright (C) Iwate CT confrenceAll Rights Reserved.